ceramic

セラミック治療や銀歯・被せ物のやり直し

「他院で受けたセラミック治療の見た目がイマイチでやり直したい」「昔治療した銀歯の見た目が目立っていて気になる」
「セラミック矯正したのに出っ歯が治っていない」「歯茎との縁に黒ずみができている」
このようなお悩みをお持ちで、セラミック治療や被せ物のやり直しをご希望されるお客様が数多くご来院くださっています。

当院では、すでに治療を行った歯のセラミックによる再治療を行っております。
セラミック治療に必須の「審美性」「機能性」どちらも兼ね備えた治療を行いますので、安心して当院にお任せください。

こんなお悩みやご希望はありませんか?

セラミック治療や銀歯、被せ物のやり直しは、以下のようなお悩みやご希望をお持ちのお客様に選ばれています。

ceramic
  1. セラミックの色味が周囲の歯と調和していない
  2. セラミックに透明感がなく人工物感が強い
  3. 歯の色調や大きさに違和感があり顔貌と合っていない
  4. 被せ物と歯茎の境目が黒くなっている
  5. セラミックにした歯が出っ歯になっているように感じる
  6. 歯の大きさや形まで自分好みにこだわりたい
  7. 被せ物に金属が使われていて目立ってしまう

このようなお悩みやご希望をお持ちでしたら、ぜひひめみやさくら歯科矯正歯科のカウンセリングにお越しください。審美的で見た目に自然なセラミック治療のやり直しを行わせていただきます。

セラミック治療をやり直した方が良いケース

歯茎にニキビの様なものができてしまい治らない、疲れると痛みが出る

ceramic

歯の中の神経治療がうまくいっていない可能性があります。一刻も早い診察や治療をお勧めいたします。この状態は根尖病巣(こんせんびょうそう)と言われ自然治癒することはありません。再度治療をし直す必要があります。再治療は基本的に難易度が高く、経験の浅い先生やセラミックを専門的に行っている先生でなければ難しい場合もございます。

歯茎が赤く腫れて治らない

ceramic

歯茎とセラミックのラインに沿って赤く腫れていて、赤味が帯の様になっていることがあります。これをレッドバンドと言います。これは様々な原因で起こりますが、基本的にはセラミックをやり直すことが必要で、場合によっては歯茎や歯茎の下の骨を処置したり、根っこを少し出したりする処置が必要になります。

被せ物の色や形が希望していたものと違う

ceramic

「歯に被せ物をしていると気付かれた」「被せ物の色が白すぎて不自然に感じる」「周りの歯と調和していない」このような被せ物の色や形への不満を抱かれて、当院にセラミック治療のやり直しを希望してご来院されるお客様は非常に多いです。

すでに入れている被せ物の色や形を変えることはほとんど不可能なため、新たにお客様のご希望にぴったり合うセラミックの被せ物を作成し、すでに入っている被せ物を外して治療をやり直します。

セラミックが破損してしまった

ceramic

セラミックは陶器と同じような素材のため、噛み合わせの力が非常に強いような場合や、強い衝撃を受けた場合には、欠けてしまったり割れてしまうことがあります。

ごく小さな割れや欠けであれば修理できる場合もありますが、破損の大きさによってはセラミック治療のやり直しの対象となります。

虫歯が再発してしまった(二次カリエス)

ceramic

虫歯治療で削った歯に銀歯やセラミックの被せ物をしていたのに、虫歯が再発してしまい痛みが生じていたり歯がしみてしまう場合があります。セラミックの被せ物は虫歯が再発しにくい治療法ですが、日々のケアや定期的な歯科医院でのメンテナンスを怠ると、虫歯が再発してしまうこともあります。

セラミックの土台となっている歯が虫歯になってしまっている場合、一度セラミックの被せ物を外して土台の歯の治療を行う必要があり、その際に歯を削ると歯とセラミックの形がぴったりと合わなくなってしまうため、セラミック治療のやり直しの対象となります。

噛み合わせに違和感を覚えている

ceramic

セラミックや銀歯などの治療の後に、噛み合わせに違和感を覚えてはいませんか?噛み合わせが悪くなると、対合する歯に負担がかかって歯を悪くしてしまったり、セラミックや銀歯の破折にも繋がります。また、顎関節症や頭痛、肩こり、めまいなど全身の不調にも繋がります。

被せ物の軽微な調整で噛み合わせが改善できるケースもありますが、それだけで噛み合わせが改善できない場合は、セラミック治療のやり直しの対象となります。

セラミック治療のやり直しに伴うリスクについて

痛みを伴う可能性

抜髄をしていない(神経の残っている)歯に被せ物をしている場合、歯の形状によってセラミック治療のやり直しの際に神経が刺激されてしまうことがあります。

また予後に歯髄炎や知覚過敏の症状を引き起こし、抜髄が必要になるリスクが伴います。

歯根破折を引き起こす可能性

審美性の問題でセラミック治療のやり直しを行う場合に、歯の土台にメタルコアと呼ばれる金属製のものを使用していると、審美性を高めるためにメタルコアの除去が必要になる場合があります。

この際に歯根にひび割れができてしまうことがあり、ひびの深さや位置、角度によっては抜歯が必要になることもあります。

セラミック治療のやり直しで当院が選ばれる理由

ceramic
ceramic

綿密なカウンセリングでお客様のご希望を把握します

審美性の要件を伴うセラミック治療のやり直しの際には、特にお客様のご希望を歯科医が正確に把握する必要があります。そのために当院では一般的な歯科医院と比べて長めにカウンセリングの時間を設け、お客様が納得されるまでしっかりと治療とのイメージの共有を行います。

このような取り組みによって、お客様の理想の仕上がりを実現できるため、当院のセラミック治療のやり直しは非常にご好評を頂けております。

長期的にセラミックを使えるように機能性にもこだわる治療

セラミック治療は審美性だけでなく機能性も重要です。たとえば噛み合わせが悪ければ、対合する歯に負担がかかって歯を悪くしてしまったり、セラミックや銀歯の破折にも繋がります。また、顎関節症や頭痛、肩こり、めまいなど全身の不調にも繋がります。またセラミックの歯が磨きにくい形態になっていると、セラミックの土台の歯が虫歯になってしまうケースもあります。

当院ではこのような事態を防ぐために、噛み合わせや清掃性といったセラミックの機能性にもこだわり、お客様により永く健康的にお過ごしいただけるような治療をご提供いたします。

仮歯の調整も徹底して行います

セラミック治療の成功の秘訣は、仮歯の段階での調整にあります。仮歯は古い被せ物を外して新しい被せ物が完成するまでの間にご使用いただきますが、仮歯の段階で綿密に調整を行うことで、完成したセラミックの被せ物がより審美的で自然な違和感のない仕上がりになります。

ceramic
ceramic
ceramic

優秀な歯科技工士と連携して行う治療

セラミック治療に使用する被せ物を実際に制作するのは、歯科医師ではなく歯科技工士です。そのため歯科技工士の腕が優秀でなければ、審美的なセラミック治療を行うことはできません。

当院では審美性・機能性の両面を兼ね備えたセラミックのやり直し治療を行うために、審美セラミックを得意とする優秀な歯科技工士と連携してセラミック治療のやり直しを行います。優秀な歯科技工士と提携していることで、天然歯のように自然で透明感のある仕上がりを実現できるため、お客様にもお喜びいただいています。

治療後のメンテナンスを推奨しています

当院ではセラミック治療のやり直し後に、定期的なメンテナンスでのご来院を推奨しております。メンテナンスでは、噛み合わせのチェックや調整、虫歯や歯周病の検査を行います。これにより歯のトラブルを未然に防ぐことができ、万が一のトラブルの際にも早期に対応が可能です。なにより、せっかく治療を行ったセラミックの歯を、より永く健康的に審美的にお使いいただけます。

症例紹介

CASE

矯正の前に虫歯チェック!

穴は小さいけど中で大きく広がる虫歯

子供の歯並び相談2

お子様の矯正相談増えています。親子で考えて頂きたい。矯正。

業務拡大により歯科衛生士さん募集中🎵

歯科衛生士さん募集 パート・正職員などのご希望お聞かせ下さい。 6/1より保険診療を開始させて頂き、業務を拡大することに伴い歯科衛生士さんのお力添えが必要です。 一般診療はもちろん、審美歯科に興味がありお客様・仲間・クリニックを大切にして頂ける歯科衛生士さんも大募集致します。お客様から感謝される喜びを、やり甲斐という情熱に変えて一緒にクリニックを盛り上げて頂 …

医院情報

CLINIC

名古屋で審美歯科を専門に行う歯科医院

〒467-0806
愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通5-1
仁さくらクリニックビル3階

治療時間
10:00-19:00 × × ×

※10:00-19:00の間休憩なし ※休み:木/日/祝

052-746-0313 無料相談予約