doctor

院長紹介

docter 院長 Kazuki Izawa

ひめみやさくら歯科矯正歯科のホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。院長の井沢一樹です。

当院の理念は「誰でもできることを誰もが簡単には提供出来ないレベルで提供し、愛のある施術を行う」ことです。

歯科治療は非常に高い精度が必要とされますが、現状の保険制度のもとではそれを必要としている方々に、等しく行うことは大変難しく、その時間も確保できません。より精度にこだわり、より良い治療を提供させていただくために開業という選択肢をいたしました。

セラミック治療・インビザライン矯正・インプラントをはじめ、ガミースマイル治療、歯周再生療法、その他美容歯科手術等、審美歯科医師と美容外科勤務の知識と経験をフルに用いてお一人お一人に合った治療をご提案させて頂きます。

経歴CAREER

• 公立春日井小牧看護専門学校卒業
• 国立鹿児島大学歯学部 首席卒業

• 名古屋大学医学部附属病院 歯科口腔外科 
• 聖霊病院 歯科口腔外科 
• 湘南歯科クリニック心斎橋院 
• 湘南歯科クリニック名古屋院
• ひめみやさくら歯科矯正歯科開院

所属AFFILIATION

• 日本口腔外科学会
• 日本口腔インプラント学会
•デジタル歯科学会
• 大阪口腔インプラント研究会
• Club GP

資格QUALIFICATION

• 看護師 ケアマネージャー
• 歯科医師 臨床歯科麻酔管理指導医
• インビザライン認定医
• インビアラインGo認定医

看護師から歯科医師へ転身した異色の経歴

看護師を目指したきっかけ

doctor

実は私は元々看護師として10年以上のキャリアを持っており、その後大学の歯学部に通い、歯科医師になりました。

看護師を目指したのは、高校三年生の夏にバイクで事故に巻き込まれたことがきっかけでした。

当時はDNAの研究やゲノム解析が盛んな時代で私もそういった研究に興味を持っており、進学先は薬学部や農学部を希望していました。

そんな時に、バイク事故で搬送された先の病院に男性の看護師さんがおられて、救急で私の処置をしてくれたり、車椅子に乗せて院内を一緒に回ってくれたことがすごく印象的でした。当時まだ数の少ない男性の看護師さんという存在に素直に驚いたのと、その看護師さんの私への対応が本当に優しくて、憧れのような気持ちを抱いたことを覚えています。

私が元々興味を持っていた薬学部や農学部も、人の役に立つ研究はもちろん出来ると思いますが、この経験がきっかけで『近い距離で人と接して、人の役に立つ仕事』に興味を持ちました。

高校3年生の夏でしたが進路を変更し、公立の看護専門学校に進学することを決めました。

オーストラリア留学がきっかけで美容外科に興味を持ちました

21歳で看護学校を卒業し、10年以上看護師として勤務しました。最初に勤めたのは地元の市民病院で、神経内科をメインとする混合病棟で3年ほど働かせていただきました。神経内科ですので、脳梗塞や難病で入院している方の看護、糖尿病や透析導入目的の入院など様々な方の看護をさせていただきました。その後はオーストラリアの病院で研修と語学学習を並行して行うプログラムに参加し、オーストラリアでの研修を通して学んだ産婦人科と美容外科を活かそうと思い、帰国後は美容外科で看護師として勤務しました。

当時の日本では、美容外科は芸能界を目指すような人が通うもので一般の人が通う場所ではないと考えている人が多く、整形などに対してもネガティブな印象を持っている方が多かったように思います。私自身も美容外科に対して、同じような印象を抱いていました

しかし留学で訪れたオーストラリアは紫外線が強く肌のトラブルが起こりやすいため、美容外科でのケアはごく当たり前に受け入れられており、私の研修先の語学学校の先生も『シミのケアのためにちょっと美容外科に行ってくるわ』という感じでカジュアルに美容外科を利用していました。研修先の病院図書館にも美容外科・形成外科の教科書がたくさん置いてあり、美容外科に対する印象が次第に変わって行きました。

このような経験がきっかけで美容外科に興味を持つようになり、帰国後は美容外科で看護師として勤務しようと決めました。

歯科医師になった今でも役立っている看護師時代の経験

帰国後に勤務した美容外科では、先生の診察の後お客様のカウンセリングを担当させていただき、手術までの流れ・ダウンタイム・費用感など、様々なお悩みを持つ方のサポートをするだけでなく、手術の準備・アシスト、時には手術の際の人工呼吸器の管理を行ったり、レーザー脱毛の処置や美容医療でのスキンケア、タトゥーをレーザーで消したりと、幅広い経験をさせていただきました。

数年勤務したところで、新規で美容皮膚科を立ち上げる先生からお声がけいただき、新規の美容皮膚科立ち上げを行い、同時に元々行われていた透析や内科の外来も経験させていただきました。その後にさらにヘッドハンティングのような形でお誘いをいただき、大阪の美容外科で看護師長の大役を務めさせていただきました。

市民病院、豪州の留学、美容外科と、通算で十数年も看護師として勤務させていただき、本当にたくさんの経験をしてきました。特に私の場合は美容外科での勤務が長く、カウンセリングなども担当していたため、美容医療をお求めのお客様と関わる機会は非常に多くありました。カウンセリングについては、歯科医師になった今でも当時の経験が役に立っており、お治療をさせていただく前にはしっかり説明し、ご納得いただいてから施術をさせていただきます。老若男女問わずどんなお客様でも、安心・信頼していただけるように心がけています。

美容外科のお客様の声がきっかけで歯科に興味を持ちました

美容外科で長く勤務し、たくさんのお客様と関わる中で、一定数のお客様が美容外科の手術の後もマスクを外さないようにしているお客様がいらっしゃることに気付きました。コロナ禍以前のことでしたので、なぜマスクを外さないのか聞いてみたところ、『口元は美容外科では治せないでしょ?』『口元にもコンプレックスがあるから、見せずに済むなら見せたくないんです。』とのお返事をいただきました。

さらにそのお客様は『マスクをしていれば口元が隠れるから、目元だけで笑顔を作れます。でもマスクを外して口を開けて笑うと、歯並びが見えてしまうから、マスクがないと笑えないんです。』ともおっしゃられました。

美容外科のお客様の言葉で、笑顔になるためには口元がとても大切なのだと気付き、口元の治療に興味を持つようになりました。しかし看護師という立場では、自分自身がお客様の口元の治療を行うことはできません。

それならば私が歯科医師になれば治療法などもご提案できて、より多くの方が笑顔になれたり理想を実現できたりするのではないかと思うようになり、当時30代になっていましたが一念発起して歯学部への入学を目指すことになりました。

30代で一念発起して歯学部へ入学を決意

doctor

その頃に勤務先の美容外科を退職し、歯学部に入学するための受験勉強を始めました。その年のセンター試験までは数ヶ月しか猶予がなく見送ることにし、翌年のセンター試験を受験しました。前期試験には不合格だったものの後期試験でなんとか合格できました。

試験は本当にギリギリで、合格者の中で最下位の成績での合格となりました。たった1年半とはいえ、必死に勉強した結果が最下位での合格だったことが本当に悔しく、最下位で入学したからには首席で卒業しようと決意して、久しぶりの学生生活が始まりました。

しかし、歯学部に入学したからといって、気楽な大学生活を送るわけにはいきませんでした。平日の日中は学生として勉強に励み、平日の夜や土日は看護師のキャリアを活かして訪問看護師として働き、さらに帰宅後は課題や勉強に取り組むといった具合で、かなり忙しい日々を送っていました。

そんな多忙な日々を過ごしながらの首席卒業という高い目標に、時には心が折れそうになる中でも、一緒に勉強しくれる仲間や家族の支えのお陰で「必ず首席で卒業する!」という思いがさらに強くなっていったことを今でも覚えています。

口腔外科や一般歯科で経験を積み、審美歯科へ

大学卒業後は大学附属病院・大学関連病院の口腔外科で計2年研修医として勤務しました。特に親知らずの抜歯を行うことが多い病院で、麻酔で鎮静(うとうと眠ったような状態)を行い、多くの入院抜歯を担当させていただきました。

さらに土日にも一般歯科で勤務をさせていただき、虫歯治療をはじめとした一般的な保険診療の治療も一通り経験してきました。

卒業後にすぐ審美歯科で研修を行うという選択肢もあったのですが、まずは口腔外科や一般歯科での治療を経験して、どんなお客様にも対応できるような技術を身につけたいという思いがありました。

その後は大手の美容外科グループの審美歯科クリニックで勤務し、審美歯科治療の技術を磨きました。大手の審美歯科クリニックと一般的な歯科医院は全くの別物で、日々ご来院くださるお客様の数も圧倒的に多いため、本当に多くの治療を経験させていただきました。

私が勤務していた審美歯科クリニックでは当時保険診療を扱っていなかったため、全てのお客様が明確な要望を持ってご来院くださる状況でした。『前歯をもっと綺麗にしたい』『歯並びを直したい』『昔入れた古い被せ物を綺麗な見た目のものにやり直したい』そんなご要望をお持ちのお客様と毎日お話をして、お客様の理想を叶えるためには今のお客様のお口の状態がどういう状態なのか、どのような治療が必要なのか説明し、実際に治療した後はアフターケアも行う、そんな日々を過ごしました。

審美歯科クリニックでの勤務でもこれまでの経験が活きることはとても多く、ご高齢のお客様や持病をお持ちのお客様は、お薬の服用歴などを確認しながら内科の先生と連携をとって治療を行うような機会があり、看護師時代の知見が大いに役立ちました。また治療前に患部の炎症を抑える必要があるようなケースでは、口腔外科での研修や一般歯科での経験から、適切な治療をしてから審美修復治療をご提供させていただきました。

現在の私の診療にも、これらの経験が活かされ、歯科医師・看護師の資格を持つ私の強みだと思っています。

看護師経験から考える私の理想の審美歯科治療

私の個人的な意見ではありますが、日本の歯科教育は医学的知識が不足しがちなことが、大きな問題だと思っています。

多くの国では、医学部に行ってから歯科を専攻する形をとっています。それに対して今の日本では、医学部と歯学部はそれぞれ別のものとして扱われます。そのため歯科医師には医学的な知識が不足しがちで、あくまで口腔内をメインとした考え方・見方に偏ってしまうというのが現実です。

私の場合は看護師だった経験から、お客様の生活スタイルなども考慮させて頂き、お治療方法などをご提案させていただきます。また体調に急変があった場合でも、慌てずに対応を行えます。

美容外科で勤務していた看護師という目線から、審美歯科について考えると、口元だけでなく顔貌まで考えて治療を行える歯科医師が、日本にはまだまだ少ないのかなと感じます。いわゆる審美歯科と銘打っている歯医者さんも、ルーツは歯医者さんなので、『歯』を診ることに特化したキャリアを送っていると思います。

私は美容外科での勤務が非常に長かったので、審美治療を行う際にはお口の中のことだけでなく、口元〜顔貌全体の印象まで考慮してお治療をご提案させて頂きます。

審美歯科の難しいところは、審美性と機能性を考慮する必要がある点です。例えば歯列矯正やセラミックの治療をして、歯の見た目がとても綺麗になったとしても、噛み合わせがうまく行っていなければ食事がしっかり噛めなくなりますし、歯を磨きやすい形態になっていなければ虫歯や歯周病になりやすくなって、治療結果が長持ちしなくなります。審美歯科は審美性+機能性までしっかり考慮して治療できなければ、お客様の生活にも支障が出かねません。元々は審美性を追求したくて興味を持った歯科医師という仕事でしたが、今はお顔のことをトータル的に考えて治療を行っています。

歯科医師の先生方の多くが、ご親族が歯科医師だったりというところをきっかけに歯学部に入学して歯科医になられます。自分が将来どんな歯科医になるのか、どんな治療を行いたいのかを考えるのは、大学の卒業を控えた研修の時期や、大学卒業後などです。そのため、歯科医師として学ぶ内容も、一般的な保険診療の内容から始まり、自費診療、審美治療などを少しずつ徐々に学んでいくのが一般的です。

私の場合は美容外科で長年看護師として勤務し、審美歯科治療を行いたいという明確な目標を持っていたので、大学に入学した日から、さらに言うなら入学する前から審美歯科治療について考え続けてきました。歯科医師としての歴は同じ年齢の先生方より短いですが、審美歯科治療に向き合ってきた時間は誰よりも濃いものではないかと思っています。

当院の開業を決意した理由

歯科医師になって大手審美歯科クリニックで勤務医をさせていただき、本当に良い経験になったのはもちろんですが、それと同時に自分自身で開業してお客様を診たいと感じるようになりました。

大手の審美歯科というのは、色々な意味で一般的な審美歯科とは異なります。大手だからこその良さもあれば、大手ならではの難しさもあります。特に大手の審美歯科は、歯科医院という側面と同時に、たくさんの従業員を抱えた大きな企業という側面があります。

私が働かせていただいていた経営者の理念は素晴らしいもので、全てのお客様にお喜びいただき最良の治療をご提供できるように考えられていたと思います。しかし現場で働く歯科医師やスタッフは、やはり大きな組織の中で結果を出すことに追われてしまうため、時にはお客様への思いやりを二の次にして、利益を重視した治療を迫られるという場面があったかもしれません。

また、大きな組織なのでルールが細かく定められており、お客様のためになる治療でもルールに当てはまらなければ行えない、メニューになければご提案できないというようなケースもありました。ルールとして、治療メニューに記載されている内容しか行うことができないため、お客様にとって本来必要な治療であっても、クリニックの治療メニューに記載がなければ治療を行えません。

しかし私が本当にやりたかったことは、お客様一人ひとりに愛のある治療を適正な価格で行って、心から満足して帰っていただくことだと思い、退職して独立開業することを決意しました。

当院が掲げる理念について

doctor

当院ではお客様に愛ある治療をご提供するため、以下のような理念を掲げています。

1.お客様へ愛ある治療や施術を行い、当院に来て良かったと感じて頂き初めて対価を得ています。これがお客様・当院スタッフ・社会貢献の三方良しに繋がっていきます。当院で行う全ての一般歯科、矯正歯科、美容歯科、審美歯科、審美口腔外科治療など全ての施術を通して、当院で勤務する全てのスタッフがお互い成長でき尊敬しあえる環境はとても重要だと考えています。

2.医療従事者である前に良識ある人であることが求められています。お客様へ専門的知識を持って接し、わかりやすくて親しみやすいプロフェッショナルを目指し、ともに成長出来る人材であって欲しいと考えています。

3.『向上心を常に持ち、誰でも出来ること(特に治療や施術)を誰もが簡単にできない高いレベルで提供する』を目標としています。

4.医科歯科連携を図り、地域社会へ貢献することが重要だと考えています。

愛ある治療や施術とは、審美性だけを追求するのではなく、機能性についても考慮し、お客様のQOL(クオリティオブライフ)を向上させられるような治療を指します。そして機能性を考慮するからといって、審美性を落としてしまうのではなく、審美性と機能性が両立した治療をご提供したいと考えております。そうしてお客様に満足していただき、『先生に治療をお願いして良かった』と笑顔を見せていただければ、それが私たちにとっての何よりの報酬です。

ここまで長くなりましたが、私の経歴や当院の掲げる理念などをご覧いただき、当院の考え方に共感いただけた方や私を信じて治療を任せたいと感じてくださった方は、ぜひ当院のカウンセリングにお越しください。愛ある治療をご提供することをお約束いたします。

症例紹介

CASE

矯正の前に虫歯チェック!

穴は小さいけど中で大きく広がる虫歯

子供の歯並び相談2

お子様の矯正相談増えています。親子で考えて頂きたい。矯正。

業務拡大により歯科衛生士さん募集中🎵

歯科衛生士さん募集 パート・正職員などのご希望お聞かせ下さい。 6/1より保険診療を開始させて頂き、業務を拡大することに伴い歯科衛生士さんのお力添えが必要です。 一般診療はもちろん、審美歯科に興味がありお客様・仲間・クリニックを大切にして頂ける歯科衛生士さんも大募集致します。お客様から感謝される喜びを、やり甲斐という情熱に変えて一緒にクリニックを盛り上げて頂 …

医院情報

CLINIC

名古屋で審美歯科を専門に行う歯科医院

〒467-0806
愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通5-1
仁さくらクリニックビル3階

治療時間
10:00-19:00 × × ×

※10:00-19:00の間休憩なし ※休み:木/日/祝

052-746-0313 無料相談予約