column

コラム

コラム

セラミック治療後のお悩み4選

セラミック治療して歯は綺麗になったけど。。。。 セラミック治療やセラミック矯正後に様々なご相談を頂きます。その中にはセラミック自体やりかえる必要があるもの、そうでないものがあります。どういったご相談が多いか今回は4つご紹介していきたいと思います。 このうち1つでも当てはまれば,できるだけ早く担当医・担当クリニック様にご相談をお勧めいたします。もちろん何かのご事情で担当医やクリニックに行けない場合などは当院にご相談ください。 ①口臭がひどくなった A. セラミックと土台の歯に隙間がある B. 本留めのセメントが歯茎の中に残っている C. 土台とセラミックの位置が歯茎の中に深い位置で設計されている D. 連結してあり清掃が難しい場合など、清掃性に問題がある場合が多いです。基本的には清掃性が悪くなっていて、清掃を頑張っ  ても汚れが除去できない場合(特に隙間がある場合など)は、やりかえる必要があります。 ②セラミックの周りの歯茎だけ赤く腫れている レッドバンドと呼ばれる状態です。上記の様にいくら清掃しても帯状の赤みが引かない場合は、レッドバンドと診断できます。やはり理由は、セラミックと土台の歯に隙間がある・セメントが残っている場合等もありますが、以下のことが多いです。 A. セラミックの際が歯茎の中深く、顎の骨に近い B. セラミック縁の形がレスカウンターという状態で、歯茎と調和しない C. セラミックの接着に使った材料にアレルギーの可能性がある レッドバンドはセラミックをやりかえるだけではまず良くなりません。【やり変え➕セラミック自体の立ち上がりを変える➕骨の位置を下げる処置】が必要になります。また仮歯の状態から歯茎を落ち着かせる必要があり、数ヶ月必要になることもあります。 ③歯茎の上に白や赤いニキビ様のおできができている サイナストラクト(フィステル)と呼ばれる状態です。神経治療の失敗です。セラミック矯正時に神経を抜いたのであればやり直しを担当医にしてもらうのが良いですが、しっかりした洗浄ときっちりした空間の閉鎖ができないと全く良くなりません。ちゃんとやれば1回で違和感や痛みが無くなることかがほとんどです。臼歯の場合はラバーダムが必須です。また神経の部屋が未処置である事も、しばしばありますので裸眼で処置をしている先生のところではお勧めしません。 神経治療のやり直しは再根管治療と言われ、治療の成功率が極端に低くなります。また保険で済まそうとしても時間が無さすぎて結局うまくいきませんので、保険治療で済ませようとすることも強くお勧めしません。 それだけ難易度が高く、精密な処置が求められます。しっかり担当医や担当クリニックと相談して下さい。

コラム

セラミック矯正を選択する3つの利点

色の改善 歯は皆同じ色ではありません。中には生まれつき歯に着色が見られ、ホワイトニング無効なほどの方がいます。一般的にはテトラサイクリン歯と言われますが、ホワイトニングでも天然歯では多くの方がB1位です。これよりも「もっと白さを出していきたい」「後戻りをしたくない」と言う方にはセラミックやラミネートベニアでのお治療がおすすめです。 形の改善 歯は多くの方が、波打っているような形をしています。中には先端が尖っていたり、小さく円柱形であったり、大きかったり、小さかたりします。基本的にセラミック治療以外で歯の形を変えることはできません。歯の形を改善したい方にはセラミック治療がおすすめです。 時間的な制限からの解放 歯並びを改善したいけど、ワイヤーやマウスピース矯正が出来ないまたは不向きな方がいらっしゃいます。また虫歯も多くあり、同時にたくさんの歯を治療し、かつ綺麗な歯を取り戻したい方はセラミック治療をお勧めいたします。 セラミック治療のデメリット 歯を削る セラミック治療はセラミックの厚みを必要とするため、歯の全周を1ミリから1,5ミリ程削る必要があります。また歯の角度や捻れを改善させるためには、それよりも大きく歯を削る必要であったり、歯の位置によってはアーチから外れている歯を抜歯したりする必要があります。 元に戻せない 歯はそれ自身を再生させる医学的な治療はまだ研究段階です。まだまだ臨床応用されていないため、削った歯の部分や抜歯をした場合それを元に戻すことはできません。 歯が生える?こんな記事があります。https://www.yomiuri.co.jp/local/kansai/feature/20240201-OYTAT50011/ やりかえの可能性がある セラミックの歯は一生持つ方もいらっしゃいますが、歯周病であったり、歯肉退縮したり、虫歯になったりとセラミックに問題なくてもそれを支えている周囲の問題でセラミックを直した方が良い場合もあります。 またセラミックを支えている歯の神経治療をした場合、根の先端に炎症が起きてしまい、何度も歯医者に通うなんて経験はありませんか? 最初の治療で、いかにスピーディーかつ精密かつ清潔な状態で行うかで予後が決まります。ラバーダムをしてくれて、かつルーペやマイクロスコープを使用し、かつ勉強会などに積極的に参加し、実績のある歯科医師を選択しましょう。自費治療でも他院修正を数多くしてきています。大切な歯とセラミックを永くお付き合いできるように当院では最善を尽くします。

コラム

セラミックと歯は何でくっついているの?

歯とセラミック両方にくっつけるボンド 歯とセラミックは全く違う物質です。想像してみてください。小学生の頃に使ったボンドと言えばガンプラのセメダインか木工用ボンドですね。木工用ボンドは木には有効ですがプラスチックに接着しないですよね。それくらい歯とセラミックは違うものなのです。ではどんなものでくっつけているのでしょうか? 歯科用セメントはすごい! 歯とセラミックをくっつけるには歯科用のセメントを使います。代表的なものはレジン系セメント(樹脂系のセメント)やバイオセラミック系セメントです。当院ではこの2種類を使います。(当院にあるのはリライエックスとセラミアです) どう凄いかというと先にお伝えした歯とセラミックをくっつけることが出来るからです。しかもそのくっつけている隙間というか厚さは数十μm(1マイクロメートルは1000分の1ミリ) そんなすごいセメントでも問題が・・ 広く使用されているがレジン系セメントです。色も多くあり、金属や歯、オールセラミック、ジルコニアにも有効です。しかし、まれにアレルギーを持つ方がいらっしゃいます。このレジンはもともとそんなに体(歯茎など歯周組織)と相性が良くありません。なのでセラミック治療後に歯茎が赤く腫れてなおらない場合このレジン系セメントが良くない場合があります レジンアレルギーでも大丈夫! 当院ではバイオセラミック系セメントのセラミアをアレルギーがある方や知覚過敏が強い方用にこのセメントを使用します。このセラミアはレジン系ではないのでアレルギーの心配はありません。また知覚過敏に対しても経験上かなり有効です。レジン系のセメントはセラミック治療後の知覚過敏には無効です。 でも、、万能ではないセラミア。。 かなり優秀なセラミアですが、使用経験上レジン系セメントより少し接着力が劣る印象です。つまりセラミックが脱離する可能性が少し高め。またセメント自体の色がかなり白いので、天然歯様に作ったオールセラミックには使用しにくいという弱点があります。 当院ではセラミックを専門的にお治療してきた経験から使用を分けています。アレルギーが心配な方などは当院にご相談ください。

コラム

網走刑務所?!

床が上がり間仕切りの骨格となる格子が鉄格子に見えて仕方ありません(笑) ここからさらに壁や天井が出来てくるかと想像しただけで、ワクワクしますね。

コラム

日本人のお口の中は金属だらけ

金属の被せ物にはデメリットの方が多い 一昔前は金属が安く、加工もし易いことから歯科では非常に沢山用いられてきました。ですが現在ではどうでしょうか?金属の値段は高騰し国も金属を使用しない補綴物(被せ物などの修復物を言います)を使用するよう勧めています。国は金属が高いから保険での治療にも脱金属を勧めていますが、歯科医師からすれば金属はデメリットがメリットを超えるので使用しないという方が良いと思います。 金属のデメリット 金属のメリット 歯科医師なら家族には絶対に金属の修復物や保険の修復物は勧めない!&行わない! これが歯科医師の本音です。歯の資産価値は1本あたり100万円を超えます。とても高価なカラダの部分をそれでも安いからと言って保険で修復しますか?デメリットの多い金属や保険の修復では結局はやく歯を失う方向へのベクトルを変えることはできないと思います。多少高価でもしっかり治して長持ちする方が、良いと思いませんか? 金属のやりかえやセラミック矯正なら当院にご相談ください 白く美しいだけでない機能的で美しいを目指す当院では、セラミックのやりかえ・セラミック矯正を3000症例以上行ってきた院長がお治療の担当をさせて頂きます。場合によってはマイクロスコープを用いての再根管治療や歯茎の赤みの治療(レッドバンド治療)が必要なケースなど様々な場合が考えられますがその辺りもしっかり丁寧にご説明させて頂きます。

医院情報

CLINIC

名古屋で審美歯科を専門に行う歯科医院

〒467-0806
愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通5-1
仁さくらクリニックビル3階

治療時間
10:00-19:00 × × ×

※10:00-19:00の間休憩なし ※休み:木/日/祝

052-746-0313 無料相談予約