カテゴリ名

一般歯科のセラミックとの違い

コラム

一般歯科のセラミックとの違い

審美歯科と一般歯科でお客様にご提供するセラミックの違いはなんでしょうか?

白くて綺麗なら特に違いはないのでしょうか?

審美歯科医の立場からお伝えするなら、かなり違います。ですがその違いは技工士側面からと歯科医師側面からお伝えしたいと思います。

1.歯科技工士から                                                    一般歯科でお作りするセラミックは普段保険治療を主に提供している歯科技工士かセラミック専門等でも、その先生とセラミックのやり取りの頻度が少ないのでセラミック自体は綺麗でも周りと調和した色になりにくい、あるいは形が変ということがしばしばあります。(他院修正をたくさんしてきた私なりの経験から)特に前歯をセラミックで作ることに慣れていない技工士が制作するセラミックは丸っこく、大きくなる傾向があります。これは、セラミックは焼くと小さくなるため最初から大きく作る、削って薄くしていくと割れてしまうためと思われます。

2.歯科医師から                                                     セラミックの治療に慣れてない歯科医師は、まず歯の形を作ることができません。保険の被せ物の様な歪な形成、歯茎に深すぎる形成、厚みが薄すぎるor暑すぎる形成など、超適当な形成が散見されます。(これも他院修正を沢山してきた経験から)歯の角度や軸がめちゃくちゃ、歯の並びをイメージ出来ないためにその歯その歯で削ってしまい、セラミックが上手に作れないということも…

セラミックでの治療を検討される際は、その先生がどれくらいセラミックの経験があるか、症例写真や経歴などを参考にして下さい。

医院情報

CLINIC

名古屋で審美歯科を専門に行う歯科医院

〒467-0806
愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通5-1
仁さくらクリニックビル3階

治療時間
10:00-19:00 × × ×

※10:00-19:00の間休憩なし ※休み:木/日/祝

052-746-0313 無料相談予約